古銭買取比較ネット|誰もマネできない業者比較ランキング TOPズバリこれが高値で取引される >大判・小判は高価取引の鉄板
大判・小判は高価取引の鉄板|古銭買取比較ネット

大判・小判は高価取引の鉄板|古銭買取比較ネット

大判・小判が出てきた場合の買取は

大判・小判の古銭買取は高値で売れる?

時代劇でよく見る古銭の一両小判はいつの時代に利用されたのでしょうか。この一両小判は江戸時代文化・安政期に使用されていたそうです。よく菓子折の底などに小判を積んだ貢ぎ物がテレビ時代劇で放映されていましたが、その価値は当時一人暮らしの人が3両あれば約1年間暮らしていけるほどの価値があったそうです。

大判は豊臣秀吉によって天正大判が天正16年(1588年)から鋳造され、以後慶長大判・明暦大判・元禄大判・享保大判・天保大判・万延大判と江戸時代末期まで鋳造されました。その形や大きさやおもさなど、その都度変化しながら時代とともに変遷していきました。同じ時期にも小判が鋳造されました。

この時代文政小判は美品の状態で最高13万円程での買取価格となっています。そして安政時代の小判ですが、今の買取価格では、美品の場合最高35万円で買取がされているようです。慶長時代の小判になるとさらに価値が上がり、美品の場合最高70万円で買取査定をしてくれるようです。もし程度の良い慶長小判を3枚売れば210万円となり、一人で1年間暮らせそうな金額となるのは偶然のようですかね...。

そして万延時代の大判金(10両)だと美品の場合最高120万円程での買取価格となります。さらに亨保時代の大判金だと美品の場合最高160万円程での買取価格となりこれを持っている方なら、ちょっとした財産ができることになりますね。この大判・小判などの古銭は遺品や古い民家の蔵などに眠っている可能性もあるので、心当たりのある方はぜひ一度調べてみる価値はありそうですね。