古銭買取比較ネット|誰もマネできない業者比較ランキング TOPズバリこれが高値で取引される >古銭買取されるのが1万円金貨!
古銭買取されるのが1万円金貨!|古銭買取比較ネット

古銭買取されるのが1万円金貨!|古銭買取比較ネット

金貨古銭を買取してもらうのに必要なこと

古銭の金貨が買取できる種類とその価値は

古銭類はその年代と発行枚数などで大きく価値が変わっています。そんな中、金貨は金を素材として鋳造されていることから、価値そのものが高く、発行された記念金貨というプレミアムもあり、高値で買取をしてもらえそうです。それら金貨は10万円金貨、5万円金貨、1万円金貨という種類があります。一番高価な10万円金貨は平成3年(1991年)に平成天皇陛下御即位記念として発売されたものがあります。

発行から10数年経ちますが、さほど買取価格は上がっておらず11万円前後となっています。同じ年の平成3年(1993年)に皇太子殿下御成婚記念として発行された5万円金貨があります。これも買取価格は高騰しておらず6万円前後の買取価格となっています。

そして金貨で最も多くの種類が発売しているのが1万円金貨です。1998年冬季長野オリンピック記念金貨、平成17年(2005年)に開催された「日本国際博覧会」記念金貨、平成14年(2002年)アジアで初めて開催されたサッカーワールドカップ日韓共催記念金貨などがあります。いずれの1万円金貨もその発行枚数から価値があるようで、買取価格は5万円前後と高値で買取がされています。そして明治4年(1871年)から発行された20圓明治金貨があります。当時の明治政府が発行。カラット(品位)は若干落ちますが、希少性が高く10万円以上で買取がされているようです。この古銭金貨は特に1万円金貨がその価値以上にK24が使用されているので、当然価値が高く高値で買取されています。