古銭買取比較ネット|誰もマネできない業者比較ランキング TOP豆知識 >オリンピックの金メダル
オリンピック金メダルは金じゃないので買取額は下がる|古銭買取比較ネット

オリンピック金メダルは金じゃないので買取額は下がる|古銭買取比較ネット

オリンピック金メダルは純金製?

オリンピック金メダルが買取された例は

4年に1度開催されるオリンピックは夏期・冬季オリンピックともに見る人に感動を与えてくれます。4年間努力してトレーニングをし、積み上げられたものが一気に開花することが魅力となっています。選手本人のすがすがしさは何度見てもいいものですね。その優勝者だけに与えられる金メダルはお金の価値以上の物があります。その金メダルについてご紹介します。

金メダルはオンリピック憲章において大きさとその内容が定められています。大きさは直径60ミリ、厚さ3ミリ以上となっています。金メダル、銀メダルともに純銀製となっており金メダルは6gの純金でメッキが施されています。ということで金メダルは純金ではなかったんですね。ビックリです。4年に1度のオリンピックの金メダルなので、純金にしてもいいと思ったりもしますね。

その金メダルの価値についてはどうでしょうか。これらの情報を元に計算すると金メダルの貴金属としての価値はザッと見積もって1万円前後だと言われています。確かにメダルの貴金属としての価値はそれくらいかも知れませんが、これを欲しい人がいるとしたらどれ位の価値があるのでしょうか。

金メダリストがまず手放すとは思えませんが、過去にオークションで売買された例があったそうですよ。サザビーズのオークションで数万ドルという価格だったそうです。まぁ、この金メダルはお金に換算できないものがあるので、一概には言えませんが、そのメダリストの種目や名前で価値も大きく変化してくるようですね。もし古銭などの買取専門店に金メダルが売買されたら、それこそビッグニュースですね。