古銭買取比較ネット|誰もマネできない業者比較ランキング TOP豆知識 >記念硬貨は高価取引されない?
記念硬貨は高価取引されない?|古銭買取比較ネット

記念硬貨は高価取引されない?|古銭買取比較ネット

記念硬貨は各種イベントで発売される

記念硬貨の古銭買取の内容は

今までに日本国内で開催された博覧会はEXPO'70と呼ばれた昭和45年に大阪で開催された日本万国博覧会、沖縄国際海洋博覧会、そして1964年東京オリンピック、また、皇室在位記念硬貨、その他周年記念の硬貨や開催やオープンした記念硬貨などがあります。いずれも国家的や国際的な行事やイベントに対しての記念硬貨として発行されています。それらは貨幣なので額面が100円のものから最高10万円の金貨まで多岐に亘ります。

この記念硬貨は1964年に開催された東京オリンピック記念硬貨が初めて発行され、100円と1,000円の2種類が発行されました。それらの硬貨は古銭の買取店などの買取価格としては現在どのような価値があるのでしょうか。残念ながらほとんどの記念硬貨は額面以上の価値は余り付いていないのが現状です。

ですが、そのような記念硬貨の中でも人気の高い高値が付いている記念硬貨も存在します。それは発行枚数がある程度限られたものや、デザインの絵柄などがすばらしくコレクションとしての価値があるものです。また皇室関係の記念硬貨も人気が高いようです。例えば天皇陛下ご在位記念1万円金貨は7万円前後の高値で取引されており、額面の約7倍という価値になっています。

そして長野オリンピック記念1万円硬貨も人気が高い硬貨です。この硬貨は競技別に3種類発売され、いずれも5万円ほどの価値が付いています。この他アジアで初の開催となった2002年日韓W杯記念1万円金貨も同じような高値となっています。これらは金貨ということでその金の価値が変動しない点などが高値を呼んでいるようですね。